オーナーエステティシャンの独り言

体の声を聞いて風邪を長引かせない

スワロフスキーのスターウォーズシリーズ。可愛かった~。
クリスマスのディスプレイがそそります(笑)
それに引き換え、豊橋のクリスマスは??

あはははははははは…(遠い目)


さてさて、風邪ひく人って多いのね~。

あ、○○は風邪ひかない(笑)
私、めったなことでは風邪ひきません(笑)

ここ最近の気温の変化に伴い、SNSで交流のある方々が、『風邪ひいた、家族の風邪が移った』などの投稿が多く見られました。
そこで、私はいったいいつ風邪を引いたんだ?!と考えてみましたが思い浮かばない。
多分1年に1度くらいは少し喉が痛いとか咳が出るくらいはありますが、ほぼ1日で終了してしまいます。

風邪ってそんなにみんなひくもんですか?

そもそも体調をほとんど崩さない私にとって、ありがたいことに病気は無縁なわけでして。
なんでそんなに風邪ひくのかな?私が極めて丈夫なのかな?
と、考えてみました。

そもそも、体にとって良いことと悪いこと、今の時期やっていいことやらない方が良いことなどあると思います。

子供の頃、『そろそろ寒くなったからパジャマを長袖に変えようかね~』とか、『今日は冷えるからお風呂に浸かって100数えて温まってでなくちゃだめよ』とか言われましたよね?
昔、親から、おばあちゃんやおじいちゃんから教わったことって、ちょっと小バカにしてたけど案外普通の当たり前の常識ばかりです。
それを踏まえて色々と日常を考えてみると、わかりやすいと思います。

ご飯は腹八分目。
はい、食べすぎは一番体に悪いです。
現代社会ではほとんどの人が食べすぎです。基本的に誰もが食べすぎ。
痩せてる太ってる、関係なく。
痩せてる=食が細い、体が弱い、風邪ひきやすい、わけではない。
太ってる=食べすぎ、大食い、暑がり、疲れやすい、わけではない。

外見で判断するからまちがうんです。人は見た目で判断しては行けません。
その人(当事者)にとって、心地よいのかよくないのか、が一番大事です。
本当に食べたくて食べているのか、それが一番大事です。

美味しそうに見えるから、今しか食べられないから、残すと怒られるから、残すともったいないから、ゴミが増えるから、とかダメ!!
自分の心と身体の声を聞けるようになるのが大事。

今、冷えてるのか暑いのか、心地よいのか。(体の冷えに鈍感な方が多すぎです)
今日の体は、お疲れ気味なのか元気いっぱいなのか、やる気いっぱいなのか動きたくないのか。
お疲れ気味の時、動きたくないときに、前もって予定を組んでいたイベントだけど、やっぱり行きたいけど、体はお疲れ気味。
さてどうする?!
行きたいなら行けばいい、だけど無理はしない。
でも、行ってみたら楽しすぎて元気いっぱいになったなら思いっきり遊んで楽しめばいい。
行ってみてやっぱりしんどい、楽しめないのなら、大人しく隅っこでじっとしてればいい。無理にはしゃいだり元気なふりをするからおかしくなるんです。

体の声、自分の心の声に忠実になることで、自分の心を癒せると思います。
心に背くから疲れる、病気になる、風邪をひく。

高熱が出た、明日は重要なお仕事があってどうしても休めない。
そう言った時でも、しっかり熱を出しきって汗をかいて…としたらそれほど悪化しません。
だけど、仕方なくお薬で熱を下げたりする必要がある時もありますよね。

そうした時は、お仕事が終わった後はゆっくり体を休めて、お薬の解毒をしなくてはいけません。
多分、通常1,2日で治るべき風邪が、お薬を飲んだことにより1週間くらいは長引くと思っていた方が良いです。
1週間、必要以上に食べない、食べたいものを食べる、暖かくする、汗をかく、汗を冷やさないことを心がけたら、解毒され体は改善されると思います。

病気の時、無理に食べてはダメですよ。
食べたくないのにお薬を飲むために無理して食べる、これでは本末転倒ですからね。

ここらへんの内容は、受け入れられる人と拒絶する人とはっきり分かれることだと思うので、必要な方のみお読みください。

★今年の疲れを癒す限定ボディコースもオススメです。

 

ご予約、お問い合わせはこちらから♪


 


ご予約・お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA