キレイの美学(たかちゃん的思考)

キレイの美学(ネイル編)

       

キレイの美学(ネイル編)

私は小さなころからピアノを習っていました。
ピアノを弾くのが大好きで、お稽古事で唯一続いたのがピアノでした。

ピアノを弾くとき、爪が長いとダメですよね…
だからずっと私は、深爪で爪を噛む癖がありました。
ピアノを思いっきり弾いて、爪先から血が出ることが快感だったりしてね(笑)

そんな私が、なぜネイルに興味を持ったのか。
今でも良く覚えていないのですが、ネイルを習いたかったのですね。
当時は、まだジェルネイルなんてほとんどなくて今のようなオフが簡単で、持ちの良いモノなんて全然なかったんです。

だけど、エステと同じ空間で施術したかったので匂いのないジェルネイルをやりたかったんです。
ジェルネイルを習ったけど、すぐ浮いてしまったり持ちが悪かったり、オフするのが大変だったり。

爪がどんどん傷んでしまったりしてね。

だけど、なぜネイルがやりたかったのか。
ネイルって小さな小さな面積の爪なんですけど、視界にすごく入る場所なんです。
爪をキレイにしておくと、視界に入るたびに気分が良くなったりして。

ネイルをやっていて一番嬉しかったことは、所作が美しくなること!これは素晴らしい!!
モノを指さすとき、エレベーターのボタンを押すとき、電気のスイッチを入れる時、とにかく爪先で雑に押さなくなりました。
指の背で押すんです。
もう、この仕草が出た時『わ~、私もやっぱり女だったのか』と思いました(笑)
所作が美しくなる…ぜひ体験してほしいです。

これが↑↑↑

こうね♪美しいでしょ?

所作が美しくなるとは、指先だけでなく腕全体、そして体全体で美しく見えるポージングを探すようになります。
そうすると、すべてが美しく(笑)

だから、ネイルはぜひ取りいれてほしい美容術です。
お仕事柄、手の爪ができない、という方はぜひ足元を。
手の爪も、艶なし、色やアートなし、も可能ですし、ケアー(爪の形を整える、磨く)だけでも十分キレイになりますよ。

足元のネイルも、ジェルネイルでしたら約2ヶ月持ちます。
足元の爪がキレイに塗られていると、キレイに見える靴やサンダルを選んだり、乾燥してガサガサしてるのは恥ずかしいと保湿クリームを塗ったりと色々メンテナンスもするようになります。
忙しい現代女性ですので、何も時間をかけてお手入れしてください、と言っているのではなくお風呂上りにささっとクリームを全身に塗る、これだけでもかかとやひじ、膝の黒ずみを防いでくれるし全身の肌艶も良くなります。

すべての美肌の基本は保湿です!
出来ることから少しずつ、ぜひトライしてみてくださいね。

 

ご予約、お問い合わせはこちらから♪


 


ご予約・お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA