オーナーエステティシャンの独り言

排泄できる体を作ること

       

排泄できる体を作ること

これ、とっても大事なことです。
免疫力って聞いたことありますよね?
自分の体を外敵から守ってくれる力。

外敵って言うとあたかもすごい悪者みたいですが、身近なところでは添加物だったり防腐剤だったり香料や着色料なんかもそう。
大きくくくると薬とかもね。

じゃ、添加物を口に入れなければいいのかというと、確かにそうですがそれって現代社会ではほぼ不可能ではないでしょうか?
防腐剤はほぼすべての食べ物に入っていて、もちろん体内に摂取しても害はないとされているので認可されているわけです。

だからと言ってたくさん食べても問題ないかというとそうではなく、ほぼすべてのアレルギーって許容量オーバーで発症するわけです。
この許容量が人それぞれ違うだけで、みんなに同じリスクはあるのです。

じゃあどうしたらいいのか?諦める??

そうではなく、「排泄できる体を作ればいい」んです。
体に害のあるものは、本来体から排泄されるようになっています。
しかしながら、その能力が活かされる人とそうでない人がいるのです。
これが自己免疫力の差。

ある人のアレルギーの許容量が100なのに対し、免疫力の低い人は30かもしれない。
この差です。

じゃどうしたらいいのか?
自分の体の機能を信じて活かしてあげる、褒めてあげる、癒してあげる、休ませてあげる。

例えば、傷んだお刺身を食べたとします。
Aさんは口に入れた途端、吐き出した。
Bさんは食べたけど、下痢または嘔吐した。
Cさんは食べた。

ここで体の排泄機能が有効化されている人は、AさんとBさんです。
Cさんは傷んだお刺身を食べてしまったので、後日体調を崩したり治療を受けなければいけない状況になるでしょう。

極端な話、こういうことです。

お肌に関しても同じで、自分にとって必要ではないお手入れだったり、気持ちが悪いお手入れを受けたり、脂肪分の多い食べ物を食べすぎたら、ニキビや痒み、赤みが出て当然です。
ニキビが出たからといってあわてる必要もなければ、治療を受ける必要もありません。
理由がはっきりしているからです。
逆に、ニキビを出してくれてありがとうって体に感謝したらいいのです。わかりますか?
だって、食べすぎたんだから(笑)

ナッツとかアボカド、銀杏とかたらの芽。
チョコレートやブリやトロも。
ほどほどに食べる分には大丈夫だけど、毎日毎日続けて食べたり食べすぎたら、お肌にニキビや口内炎などができて当たり前ですよ。

だから、全く心配なし。
なんでニキビができたのか?問題はこの、なんでがハッキリしない場合です。

そうそう、食べるものももちろん影響を受けますが、気持ちが悪いお手入れって書きましたが、人には相性があります。
相性の合わない人からお手入れを受けたりしても気持ち良くありません。
相性の合わない人と、ランチに行ったりお茶したりしても気分が良くありません。

こういう時間が続くと、お肌も荒れますよ。

「一緒にいたくないな~」って思ったら、その場から立ち去る。
立ち去ることができなければ、違うことに関心を向ける。(スマホでゲームやったりショッピングしたり)
それすらもできなければ、無になる(笑)瞑想する(笑)

自分の体にとって、気持ちの良い時間をたくさん作ってあげることで、体も答えてくれます。
そして十分に癒してあげて休息をしてくださいね。
いつも動かしっぱなしでは、体も悲鳴を上げてしまいますよ。
体に「ありがとう」って言ってあげてくださいね。

◎マインドテラピのはじめてご来店のお客様にオススメなのはこちらのコースです。

ご予約、お問い合わせはこちらから♪


 


ご予約・お問い合わせはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA